スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

radikoのiPhoneアプリ使い方TIPS ver.1.10版

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone用アプリケーション「radiko.jp」がバージョンアップしたことを受け、新たなTIPSをご紹介します。
前回の記事はこちら

メニュー

・バッファを長く設定すると、電池の減り方は変わる?
・バッファ時間変更で、3分前の番組が聴ける!

バッファを長く設定すると、電池の減り方は変わる?(※検証途中です)


ver.1.10から搭載された「バッファ時間変更」の設定。
これを変更することで電池の消耗具合が変わってくるのかと思い、実験してみました。
電池が長持ちしてくれれば・・・との願いを込めて。

オフタイマーが付いてるから検証しやすいですね。
今回は60分間での消耗度を見てみます。条件は音量最大・スリープ状態と前回と同じです。
ちなみにバックグラウンド再生の場合はバッファ15秒で固定されていますので、検証外です。


結果

バッファ3分 + Wi-Fi
39% → 21% = 18%



あら、前バージョンでのWi-Fi + アプリ起動状態が30分で6%だったので、消耗度は増えてしまっているようです。
3Gで再生した時も、電池の残り%から逆算した再生時間よりも短かったですし、恐らくバッファを長くするほど負荷が大きいようです。

バッファ時間ごとなど、もう少し詳しく検証したいと思います。


バッファ時間変更で、3分前の番組が聴ける!


バッファ時間の変更と聞いて、僕は「再生を始めてから徐々に3分間の再生ファイルを溜めるんだ」と思っていました。
皆さんも多分そうなのではないでしょうか?

しかし、どうも違うようです。

iPhoneアプリの「radiko」にあるバッファ機能って、これからの3分間分貯めるんでなく、3分前までをゴソッと持ってくるってのが素敵。ある意味3分前の放送にターイムスリップ可能。ちょっと聞き逃した!って時に使える。バックグラウンド再生の時には15秒に固定されるけどもー。

- http://twitter.com/coga76/status/15085410488



つまり、サーバー側で最大3分間をキャッシュしておいて、iPhoneに配信するという形を取っている模様です。
この方がiPhoneの負担が少ないのかな?

これにより、リアルタイムとのズレが大きくなりますが、3分前からのタイムマシン再生が可能という面白い状態に。
「ああっ! オープニング聴き逃した!」と思っても、3分までなら大丈夫です!
これ、実は凄いメリットかも。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ネットブログ ネットサービスへ


テーマ : 旬のニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
radiko Twitter
メールフォーム
ご意見などございましたら、こちらからご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。